高齢化社会に備え、介護リフォームを

介護リフォームと一般のリフォームは、その目的も内容も大きく異なります。

居心地の良さやデザイン性・機能性を重視する一般のリフォームに対し、
介護のためのリフォームはあくまでも介護が必要な本人の自立支援が目的。
もちろん目的を踏まえた上で安全かつ丁寧な施工、それに見た目の美しさという
付加価値をつけることにより、本人と家族が明るく過ごせる家になるのです。

では、実際に介護リフォームを行う場合、どのようなことに注意して施工すれば良いでしょうか。

まずは手すり。
高さや長さなど一般的な基準はあるものの、取付位置は
利用者一人ひとりに合わせてあげることが大切です。
もちろん位置だけでなく、太さや形状なども考慮して。

次に段差ですが、現在新築住宅ではバリアフリー対応は標準となっています。
段差のない床に加え階段には手すりの取り付けが義務づけられていて、
来るべき高齢社会に備えた住環境は介護予防としても必須となっています。

では、介護リフォームにおいての段差解消方法にはどのようなものがあるでしょうか。
一般的なのはスロープの取り付けですが、段差があるほど適さなくなります。
例えば既存床材の上に新規で床材を貼ったり、逆に高くなっている方を下げたりする
工事を検討してみるのも良いでしょう。

続いて床面・通路面を変更する場合ですが、まずどのような工事が介護保険の住宅改修で
適用できるかを確認しましょう。

例えば室内の事例では、和室床の畳からフローリングへ、またはコルクにするなどの工事は
適用されるよう。
フローリングは介護用ベッドが置きやすいため、利用者の「寝起き」という行動の自立に
役立ちます(できれば転倒を防止する滑りにくい床材が理想。特殊フローリングの方が
安全性が高いため、予算によっては検討してみると良いでしょう)。
その他、廊下・階段・浴室のタイル・洗面所やトイレの床材変更も適用されます。

最後に、介護が必要な人びとが最後まであきらめたくないのが、「トイレへの自立」。
介護保険住宅改修で適用されるのは、和便器から洋便器への変更です。
洋便器を選択する際は、大きさ・高さからオート洗浄に至るまで、
利用者にとっての快適さをいちばんに考え、検討する必要があります。

介護が必要な人が、居心地良く住める家。
それを実現するのが、介護リフォームなのです。

Comments are closed.