本能は知っている

あの・・黒板をぎー・・っとする音・・・。あの音が平気な人っているのでしょうか・・?たまに小学生の時に男子が楽しんでやっていたのですが・・あれが腹立たしくてならなかった私・・(笑)というか、自分で書いておきながら、その男子という響きが懐かしいな、と思った・・。そんな呼び方をしていたのはいつまでだったでしょうか(笑)いつの日かそういった風には言わなくなったな・・なんだか大人になったような気分(笑)

あとは・・似た感じだと・たまにいんげんを噛んだ時の「きゅ」という音がイヤと言う人がいますよね・・。確かに分からなくはないのですが・・でも、食いしん坊な私はそれでも食べるのです(笑)

実はこの好き、嫌いと言うのを決めるのは脳の中の扁桃体と言う部分らしい・・ちょっと難しい話になりそう・・(笑)この器官と言うのは、動物には全てあるんだそう。下等な動物から霊長類~・・。で、この黒板の音だったり、いんげんの音のように、特定の周波数のもつ音と言うのは人には特に敏感に感じられる音になっているのだとか。これは、今は分かりませんが、人間がここまで進化してくる過程の中で身の危険を感じた時によく聞いていた音だろうとされているのだそう・・・。

でも、ちょっと考えてみた私・・この命の危険とかっていうレベルで・・この音で身の危険・・と考えると・恐竜の鳴き声位しか思い浮かばない・・(笑)でも、そんなことはないですよね(笑)でも、実はこの周波数の音と言うのは、他には赤ちゃんの泣き声だったり、人の叫び声の周波数に近いのだとか・・・なので、その2つに関しても人は不快感だったり恐怖と言う感情を持つらしい・・・

でも、あるベビーシッターさんが行っていたのは、よく泣く子の母親はイライラする人が多い、と。それはその不快な音と言うのをずっと聞いているから、という事らしい・・・。成程・・そういわれたらそう聞くかも、と思った私。娘よ、あまり泣かないでいてくれてありがとう。

Comments are closed.