余命宣告をされてもなお

余命宣告をされても尚・・沢山の揚げ物だったり、お菓子を食べたいと思いますか??正直・・あまりものには本当に最近は以上に目がない感じで食べている私ですが・・でも、そこまで言ったら、我慢するような気がするのですが・・・何でも、肥満大国といわれているアメリカ人にはあまりその感覚と言うのはないらしい・・・愛する子供を置いても尚・・とか、色々考えたとしてもそんなにも食べたいものなのでしょうかね??

しかも、その事態と言うのはかなり深刻なようで・・・とりわけその肥満で深刻な州と言うのが、結構有名なミシシッピ州という洲なんだとか。実はこの洲の平均的は体系の統計を取ると、身長は172cmで、体重は89.3kgにもなるのだとか・・・と言うを聞いたら、確かに深刻だ・・・と感じてしまいますよね・・そこで、ある専門家が、このままの状態を続けるとミシシッピ州の人口の約80%と言うのは、糖尿病だったり、脳こうそくなどの肥満関連の疾患によって2018年・あと4年後までに死ぬことになる、という事を言ったのだそう・・・。この80%と言うのはかなりの教学的な数値ですよね、しかも、2018年までにと言うのは、かなり近い未来の予言・・・

しかも、単純に肥満で死ぬと言う感じではなくて、この肥満による病気に関しての利用費を個人で賄う事も出来なくなるので、その前に洲の財政が破たんするだろう・・という事だったのですが、でも・・それでもやめる気配はないのだとか・・この根性・・ここまで来たら見直す感じになりますが・・・(笑)

しかも、そのことについて洲の知事に話を聞こうと思ったこの専門家は、洲に連絡をとったそうなのですが、洲知事はちょうど・・・揚げ物をたらふく食べてた途中だったらしく・・その理由で、取材は拒否(汗)と言う感じになってしまったのだとか・・・そこまでして食べたいのでしょうか??私も確かに食べるのは好きですが・・そのほかの楽しみと言うのも知っているので、死ぬまで言われたら・・ねぇ・・・。

Comments are closed.