リフォームで清潔&快適トイレ空間へ

家の中でもっとも清潔でキレイに、リラックスできる空間にしておきたい場所、それがトイレ。
清潔で快適な空間にするためのトイレリフォームでは、便器&便座選びが重要なポイントに。

最近はお手入れしやすいものや節水機能に優れたものなど、さまざまな製品が
登場しているようです。
豊富な種類の中から、「我が家」に合うものをセレクトしましょう。

ちなみにトイレには、大きく分けて便器と便座を別々に選んでセットする「組合せ便器」と、
便座が一体化した「洗浄便座一体型便器」があります。
それぞれ特徴がありますので、トイレリフォームの際は価格や機能などを比較して、
好みのタイプを選んでください。
なお、最近ではタンクのない一体型便器が、デザイン性に優れていて人気となっています。

また最近では、通常は内開きのトイレを中で人が倒れた場合のことを考えて
外開きにする家庭も増えてきたとか。

とは言えトイレは廊下に面していることが多く、人の動線を考慮しないと
外開きのドアは事故の元にも。

リフォームをキッカケに、この際もっとも省スペースでいざと言う時にも安心な
「引き戸」にするのも、良いアイデアかもしれませんね。

さらに2階建・3階建住宅の場合は、各階に1カ所ずつトイレを設けることをおすすめします。
階段を昇り降りせずにトイレへ行ける利便性はもちろん、特に朝など家族が分散して使用できる
メリットがあります(この場合、上下階でトイレなどの水回りゾーンを揃えること。配管・配線を
集中させることでコストダウンが図れます)。

そしてこれからのトイレリフォームには、バリアフリー化は必須。
歳を取ると家で過ごすことが多くなり、またトイレに行く回数も増えてきます。
すでに高齢者のいる家庭なら、できるだけトイレは高齢者の寝室近くに配置し、
経路をバリアフリー仕様にしてあげてください。

また今後車椅子や介護が必要になった場合を考え、出入り口やトイレ内の広さには
ある程度ゆとりを持たせておくことをおすすめします。

最後に、トイレに手すりがあることで、自力で用が足せる高齢者も多いとか。
動かないことで筋力が低下しないよう、トイレリフォームにはできる限り自立して
排泄できるような配慮も必要です。

これらのポイントを踏まえながら、家族全員が快適に利用できる極上のトイレ空間を
作りましょう!

Comments are closed.