健康・環境を考えて。「エコリフォーム」という選択

最近耳にするようになった、「エコリフォーム」という言葉。
エコリフォームとは、人びとの健康・環境のことを考え、自然素材を利用して行う
リフォームのことです。

例えば内装の大部分を占める壁や天井を「呼吸する素材(床板には国産の広葉樹や針葉樹、
壁には和紙や布、珪藻土と呼ばれる粘土など)」に変えることで、部屋の環境はとても
快適なものに。
また冬には結露も抑えてくれます。

そして何と言っても、エコリフォーム後は光の反射が穏やかで上質感の高いインテリアに
なるのが魅力。
エコリフォームした住宅に一度住めば、その心地良さにきっと満足できるでしょう。

現在日本の住宅に使われている新建材は、「手間をかけずにいつでもきれい」が特長。
とは言え新建材で建てられた家は新築時がいちばんきれいで、年を重ねるごとに劣化していき、
その寿命は25年ほど。
だから日本の住宅は、築年数を経るごとに資産価値が減っていくのです。

ところがエコ建材である自然素材は、少し手をかけるだけで年月とともに味わいが深まり、
新築住宅にはない上質な質感や奥深さを醸し出していきます(欧米の住宅が、年月を経て
資産価値が上がっていくように)。

つまり、自然素材で造られた住宅は健康に良いだけでなく、上質感漂う雰囲気や長い寿命など
さまざまなメリットがあるのです。

では、たくさんのメリットがあると分かっているのになぜ日本の住宅は
自然素材であるエコ建材を使用しないのでしょうか?

それは住宅を建てる側にとって、使いにくいから。
新建材とは、いわばプラスチックのようなもの。
だから熱や季節の変化で伸びたり縮んだりしません。

ところが自然素材は呼吸しているため、変化します。
それを建築する側は、「後々のメンテナンスが面倒だ」と言って片付けてしまうのです。

今後日本は、ごみ問題や環境問題から住宅を壊して建て替えることは、
簡単にはできなくなります。
そうなれば、欧米のように自然素材を使用したエコリフォームで長寿命かつ
資産価値の減らない住宅にするのが、当たり前になってくるのではないでしょうか。

何より快適な空間には人が集まります。
家族の団らんや友人・ペットと楽しく集う我が家にするためにも、
エコリフォームをおすすめします。

Comments are closed.