コーヒー

私くらいの年齢になってくると、大体多くの人が飲めるのがコーヒー。みんな好きですよね。私もあの香りはとても好きなのですが、イマイチまだ飲めない・・・。とても憧れはあるのですが・・・。残念・・と思いながら、いつも紅茶を飲んでいます・・・。

このコーヒーなのですがその健康絵の影響が話題になっていますよね。体にいい、とするものもあれば、体に悪い、と言われることもあるようですが・・・。まず、いい理由として、脳の疲労を防ぎ。仕事や勉強の効率を上げてくれる、というのがあるらしいです。また、体に関しては利尿作用があるのでむくみの解消にいいとか、脂肪燃焼効果とか・・・糖尿病のリスクを下げるなど・・・あとは女性に嬉しいのはシミを予防する、というのもあるらしく、コーヒーが飲めないことを恨む程いい事ばかり・・・。でも、逆にそんなコーヒーにデメリットがあるのかというと、それもしっかりあるようで・・・。

コーヒーを飲み過ぎてしまうと、逆に疲労感に襲われてしまったり、カフェインの過剰摂取の影響で、不安感や、胃腸の調子が悪くなったり、眠れないや、神経過敏に陥ると言われているそうです。ただ、毎日多様に摂っているカフェインを一時中断してしまうと、頭痛や、吐き気、意欲、集中力の低下などの禁断症状も現れる、というからビックリ・・・これをコーヒー中毒というらしいです。

依存状態になるとこのカフェインが切れた時に離脱症状が現れるのだそう。ひとによって、かなりの差があるらしいのですが、1日3~4杯以上摂取したころから、軽度~中度の中毒症状が発症すると言われているのだそう・・・。禁断症状として50%の人に頭痛が起こり、疲れて眠たくなる。不幸感、憂鬱やイライラ、集中力欠如の状態に・・・

なんだか、かっこいいと思っていたのですが、それなりにリスクもあるのですね。でも、何事も適量が一番いい、という事ですよね。それを守っていればいいこと尽くし!!やっぱり飲めるようになりたい!!

Comments are closed.