これにも歴史

何にでも歴史とはあるものですよね、しかもトイレなんて、人間の歴史には大きくかかわっていますよね。だって、人間が恥というものを感じるようになってから、トイレというものはかけがえのない存在ですもんね。かくしてやる場所・・って言葉にするとなんだか汚いのですが・・(汗)でも、調べてみると、そのトイレの歴史って奥が深いし、疑い深いものも沢山ある・・そうなんです、信じるか信じないかはあなた次第です!!

しかも、あの華やかな印象のある中世ヨーロッパなのですが、実はトイレに関してはかなり暗い時代だったんだそう・・というのも、にわかには信じがたいのですが・・中世のこのトイレと言うのは特になく、おまるのようなものに用を足していたのだそう・・・。でも、この用を足したもの、ちゃんと捨てる場所はあったみたいで、常識のある人と言うのは、一定の量になると、そのものを定められた場所まで捨てにっていたらしいのですが、多くの人がやっていたのは、窓の外から投げ捨てる・・・というビックリでは済まないような話・・・。しかも、用を足すと投げ捨てるのではなくて、そのまま下に落ちて行って・・・歩行者に・・・という事も珍しくはなかったのだそう・・・。

でも、これが原因で近くのセーヌ川は汚れ多くの人々のいのちを奪うまでのもんだいになってしまったらしい・・。町中はその匂いで杉ものだったらしいし・・。そういったことが阿多の出、1371年に捨てたらだめよーという法律が出来たみたいです・・・。と言うか、遅いよ!という感じ。だって。そもそもキリストの時から排泄物の恥ずかしさみたいなものは唱えられていたそうなので・・・。でも、中々これはおさまらず・・・しかも、その菌をもったネズミが走り回るわけで・・本当に町中が汚い、と言う感じだったらしい・・・今となってはもちろんですが、見る影もありませんがね・・でも、こうやってきれいになって歴史的建造物もしっかり見れるようになって良かったなぁ~

ここからガンになるのか!?

耳掃除っていつしていますか??うちでは・・私と娘・・・毎日耳掃除しています。もちろん娘に関しては、生後8か月なので、そんなに奥まではしませんが・・でも、手前の水分と一緒にちょこっと奥の方の水分も取るように掃除しています。で、私に至っては奥の方まで奥の方まで・・と、子持ちいい・・と感じるところをずーっとやっている。でも、これが普通だと思っていたし、なんてことないとおもっていました。むしろ毎日しない方が汚いんじゃないの!?と言う感じだったのですが・・

実は耳掃除って必要はないものらしいですね。本来人間と言うのは、この耳にたまった汚れというのを自分で排出する機能がついているらしいので、何も無理に綿棒だったり耳かきで掃除と言うのはしなくてもいいらしいのです。でも、こうやってやってしまうのは、その家庭でも教えもあるとは思うのですが、耳には気持ちいい、と感じさせる神経が走っているらしく、それを耳掃除で刺激してしまっているので、ついつい掃除をしてしまう、という人もいるのだとか。

この耳掃除・・実は多くの人がちゃんとできてはいないみたいで、多くの人はそのゴミを耳の奥の方に押しやってしまっているのだそう。でも、その奥の方で固まっている、というのを耳鼻科の先生は取る、という作業に追われるらしい・・(笑)

でもって、その掃除中によくある、と言うのが気持ちが良くて奥へ奥へとやっていってしまうと、本人は何も感じてはいなくても、本当は耳の壁だったりが傷ついている、という事も多々あるらしい・・そのことによってその部分が炎症を起こしてしまうのですが・・実はこれが慢性化すると、ここからがんになる、という事があるらしいのです・・。炎症からのガン??と言う感じなのですが・・・でも、これは耳鼻科の先生が言っていたらしいので、本当の事だと思います。

かゆくて仕方ないと言う感じだったら、炎症止めを処方してもらえるらしいので、それで。かゆくないけど、クセ!と言う人は気合あるのみです!!

本能は知っている

あの・・黒板をぎー・・っとする音・・・。あの音が平気な人っているのでしょうか・・?たまに小学生の時に男子が楽しんでやっていたのですが・・あれが腹立たしくてならなかった私・・(笑)というか、自分で書いておきながら、その男子という響きが懐かしいな、と思った・・。そんな呼び方をしていたのはいつまでだったでしょうか(笑)いつの日かそういった風には言わなくなったな・・なんだか大人になったような気分(笑)

あとは・・似た感じだと・たまにいんげんを噛んだ時の「きゅ」という音がイヤと言う人がいますよね・・。確かに分からなくはないのですが・・でも、食いしん坊な私はそれでも食べるのです(笑)

実はこの好き、嫌いと言うのを決めるのは脳の中の扁桃体と言う部分らしい・・ちょっと難しい話になりそう・・(笑)この器官と言うのは、動物には全てあるんだそう。下等な動物から霊長類~・・。で、この黒板の音だったり、いんげんの音のように、特定の周波数のもつ音と言うのは人には特に敏感に感じられる音になっているのだとか。これは、今は分かりませんが、人間がここまで進化してくる過程の中で身の危険を感じた時によく聞いていた音だろうとされているのだそう・・・。

でも、ちょっと考えてみた私・・この命の危険とかっていうレベルで・・この音で身の危険・・と考えると・恐竜の鳴き声位しか思い浮かばない・・(笑)でも、そんなことはないですよね(笑)でも、実はこの周波数の音と言うのは、他には赤ちゃんの泣き声だったり、人の叫び声の周波数に近いのだとか・・・なので、その2つに関しても人は不快感だったり恐怖と言う感情を持つらしい・・・

でも、あるベビーシッターさんが行っていたのは、よく泣く子の母親はイライラする人が多い、と。それはその不快な音と言うのをずっと聞いているから、という事らしい・・・。成程・・そういわれたらそう聞くかも、と思った私。娘よ、あまり泣かないでいてくれてありがとう。

別の人生

もし、私が別の人生を歩んでいたら・・なんて、そんなことはない事は分かっているのですが・・たまに想像する、したくなる、でも、人生は1度切る。もちろんやり直せる、これからチャレンジ出来る事もあれば、もう戻ることのない、変えられないものというものもある。でも、大抵のことは人間はやり直せる、いくらでもこれからの人生は変えることが出来るのだと思うのですが・・

後悔するのはいつだって、もう戻すことのできない時間の方。もっとこうしていたらよかったかな、こうだったら今の私はどうやって過ごしていたかな・・とか。でも、そうやって考えいてるからって、決して今の、この現状に納得をしていないわけではないし、それを今でも悔やんでいるという事でもない。でも、そうやって考えて・・ある種、楽しんでいるのかな?その空想を(笑)でも、そうすることによって、悲しくなるようなものもあることは確か。何も空想は楽しい事ばかりではないのです。

だから、これからの人生は今いるこの場所も、振り返った時に、こうしていたら良かったな、とか、こうだったら良かったのに・・とかって思わないように色んな事をチャレンジしたり、しっかりと日々を生きていきたいな・・と思うのです。もう戻ることのない時間ならば、過去のことだって、もう糧にするしかない 。今からじゃあ変えることは出来ないのですから・・・。

じゃあ未来のために今の私は何が出来るのだろうか・・この先・・きっと数年間は子育てに追われる・・今は1人の子供も、あと2人は欲しいし、キャンピングカーも欲しいな、と思っている。で、毎週のようにみんなでキャンプとかに行けたらいいな・・でも、家もあと数年後には欲しい。ここで3人の子育ては正直きついと感じているから・・で、やっぱりそうなるとお金か・・(涙)いまからでも将来的に稼げる資格を考えた方がいいのかな・・・?なんだか数年前にはなかった考え方・・。不思議だ・・

あれれ??

先日、知った真実・・・というは秋田県民は炭酸飲料の消費量が1番と言うこと。とはいっても、実は炭酸飲料に限らずに、飲料自体の消費量が1位と言う結果だったのですが・・実はお酒の消費量と言うのも凄いらしい・・・。ウイスキーに関しては1位だし、清酒に関しては2位。焼酎は4位・・とどれをとってもかなりの高成績(笑)でも、東北の人ってお酒に強い、というイメージはあるのでなんとなく納得は行くような気がする・・・ん??でも、南の方も強いようなイメージもありますが・・・難しいですね・・・(笑)

でも、実はずば抜けて秋田県が1位を取っているものがあるらしいのですが・・これは砂糖!なんだとか!!う~・・・んなるほど、でも、砂糖って保存食にも使われるので、なんとなくこれも納得いくかな・・と思ったのですが、通常の2倍もの量を消費しているというので、これには少しびっくりした私・・そこまで多いとなると、ちょっと異常な感じがする・・

でも、ちょっと今思い出したのですが・・先日??去年やっていた秘密の県民ショーで・・・確か秋田県は、ポテトサラダに砂糖を入れていた気がする・・しかも、ちょこっととかではなくて、かなりどっさりした感じ・・これをパンにはさんで食べていたのですが・・美味しそうだった(笑)いい感じにみんな食べていたような気がします(笑)あとは、何とも・・・茶碗蒸しさえも甘い味付けと言うからビックリ・・・。でも、考えてみれば甘い卵焼きがあるので・・ダメとう感じではないのかもしれない・・・。

でも、そうやって砂糖の消費量が多かったり、甘い味付けのものが多かったりはするかもしれませんが、特に太っている人が多いとかっていう印象はない感じがします・・・。むしろ秋田美人とか、美人さんが多くて、モデルのような人が多いような気がする??これはあくまでもイメージですが・・実際にはどうなんでしょうね??でも、お酒が好きな人は甘いものを好まない、といいますが・・これは違うんですね。

気を付けること

気を付けなければならないこと・・それは子供たちがしっかりと社会に出るまでは健康でいる事。・・いや、願わくば、もっと行きたいです。結婚式だって参加はしたいし、孫だって見たいし、自分だって海外旅行に沢山行きたい!と老後は楽しみにしているのです!!・・ですが、近くには結構な病気のリスクになるようなことが多く潜んでいますよね。それらをちゃんと意識して、病気にならないようにしなければ・・と思います。

特に元々は酒好きな私ですから・・・最近は授乳中なので・・妊娠期から考えると、1年半はまともにお酒は飲んでいませんが・・・でも、このお酒も一定の量を超えてしまうとそのリスクと言うのは一気に上がってしまうんですよね・・・。しかも、ここについてくるのがおつまみ・・・おつまみって本当に美味しい・・・でも、大体のものと言うのは塩分が強かったり・・あとはお酒に会うとなると、揚げ物も多かったりはしますよね・・・。そして、極めつけは肉・・・。

なにも肉が単純に悪いというわけではないのですが・・でも、揚げたり、塩が沢山ついていたり・・・何かにつけて結構な曲者・・・。でも美味しいから食べちゃう・・・とくにから揚げは大変・・(汗)でも、これらを食べると食べないのとではかなりその後の人生に差が出てくるのだとか・・・

出世の事を考えたり、大人の付き合いだったり・・と言うのを考えたら、多少のお酒は飲めた方がいいよな気がするし、その場に気を使わずに行ける方がいいような気がするのですが・・・でも、飲めない方が後々は幸せな思いをするのかもしれないですね・・これって毛校難しいかも・・・。

そして、極めつけは吸っている人はご注意・・・タバコですよね。これはいい、悪いって・・悪いの一言、やめた方がいい。旦那さんに関しては今年で30歳になるのですが・・付き合い始めた23歳の頃に・・30歳になったらやめたら?と言ったその日から禁煙・・・(笑)その潔さと気持ちが好きでした(笑)でも、やめた方がいいね・・・。

余命宣告をされてもなお

余命宣告をされても尚・・沢山の揚げ物だったり、お菓子を食べたいと思いますか??正直・・あまりものには本当に最近は以上に目がない感じで食べている私ですが・・でも、そこまで言ったら、我慢するような気がするのですが・・・何でも、肥満大国といわれているアメリカ人にはあまりその感覚と言うのはないらしい・・・愛する子供を置いても尚・・とか、色々考えたとしてもそんなにも食べたいものなのでしょうかね??

しかも、その事態と言うのはかなり深刻なようで・・・とりわけその肥満で深刻な州と言うのが、結構有名なミシシッピ州という洲なんだとか。実はこの洲の平均的は体系の統計を取ると、身長は172cmで、体重は89.3kgにもなるのだとか・・・と言うを聞いたら、確かに深刻だ・・・と感じてしまいますよね・・そこで、ある専門家が、このままの状態を続けるとミシシッピ州の人口の約80%と言うのは、糖尿病だったり、脳こうそくなどの肥満関連の疾患によって2018年・あと4年後までに死ぬことになる、という事を言ったのだそう・・・。この80%と言うのはかなりの教学的な数値ですよね、しかも、2018年までにと言うのは、かなり近い未来の予言・・・

しかも、単純に肥満で死ぬと言う感じではなくて、この肥満による病気に関しての利用費を個人で賄う事も出来なくなるので、その前に洲の財政が破たんするだろう・・という事だったのですが、でも・・それでもやめる気配はないのだとか・・この根性・・ここまで来たら見直す感じになりますが・・・(笑)

しかも、そのことについて洲の知事に話を聞こうと思ったこの専門家は、洲に連絡をとったそうなのですが、洲知事はちょうど・・・揚げ物をたらふく食べてた途中だったらしく・・その理由で、取材は拒否(汗)と言う感じになってしまったのだとか・・・そこまでして食べたいのでしょうか??私も確かに食べるのは好きですが・・そのほかの楽しみと言うのも知っているので、死ぬまで言われたら・・ねぇ・・・。

継続は力なり

今年に入ってから、新たに目標を掲げた人も多いとおもます。新年と言ったら、あたらしい目標を掲げる時期!という感じがありますよね。そして、その目標に向かって皆さんは着実に進んでいますでしょうか??私の今年の目標はいい加減に痩せる、と言うのが目標・・・。去年出産をしてから体重は5キロ増えたまんま・・・しかも冬になってからは家に引きこもりっぱなしなので、体重が減るはずもなく・・本当は出産して、退院してから11キロ増えた体重は1か月ほどですぐに戻ったのですが・・・冬が近づくにつれてドンドン増えていった体重・・・これはもはや出産が原因と言うよりかは、単なる怠け、のような気もしてしまうのですが・・・。

でも、また明日からダイエットを頑張ろうと思っている私。明日から、としている所がそもそも痩せられない原因だと思うのですが・・・。このやる気ってどうやったら継続できるのか・・よく言われるのは目標を細かく分けましょう、と言うやつですね。簡単に達成できる良なものも用意しておいて、その達成によってモチベーションを上げる、という物。・・・でも、結局は最終目標があるので・・それを見てしまうのですがね・・・。だkらそこまで行くまでに飽きて・・と言うか、挫折してしまう・・・この腐った根性をまずはたたきなおさなければ・・・。

あとは、本当はライバルがいるといいのにな、と思います。でも、私のダイエットのライバルは旦那さん。これでも、旦那さんよりかは20~30キロは少ないので余裕をぶっこいている私・・と言うか、そこを比較してどうするの・・・と言う感じなのですが・・・でも同じ位の体重だったり、身長の人がいれば俄然としてやる気は出るような気はするのですが・・

そして、いつも私が言い訳の材料にするのが娘・・・。食事制限も大きくは出来ないし、運動も出来ないし・・と言う風に・・・いい加減にこれを辞めなくては・・・今年こそは!

みのさん大丈夫?

みのさん事、みのもんた・・・去年は色々とあった年だったろうな・・と思います。個人的には特に好き、と言うわけでもありませんが、別に嫌いなわけでもなくて・・・でも、奥さんが亡くなられたときには、その様子からとても苦しいのだろうな・・・という気持ちでいっぱいになりました。

と言うのも、民さんは愛妻家で知られていて、その奥さんはかなりのしっかり者。で、みのさんのプライベートを管理、仕事に影響が出ないか、など管理もしている一方で、仕事ではスタイリストも勤め上げた凄い人。何もかも奥さんのおかげ、と言った一言が心に残っています。みのさんと奥さんが出会ったのは大学生の頃・・問う事は、、人生の半分以上を一緒にすごしてきた 、という事なんですよね・・・。そうやって考えると・・・本当に自分の半分が亡くなったような感じなんだろうな・・と思います。

夫婦って、本当に不思議ですよね。私も旦那さんと出会って、もうすぐで8年になります。当時私も大学生でした。夫婦って元は他人なのに、どうしてここまで近くなれるのでしょうか・・・もちろん、家族になった、と言う事実もありますが、色んなことでぶつかって、喧嘩しても分かりあおうとして・・・苦楽を一緒に乗り越えている。他人ならできない、と思うのですが、それを一緒にやっていくことで、血のつながりをも超えるのですから・・・

だって、子供は結局は血は繋がっていますが、旦那さんと違繋がる、と言う事は基本的にはないですもんね。・・・でも、人生において、1番の理解者になることさえもある夫婦。本当に不思議だな・・・と思います。

だからこそ、その人を失ったときの感情を思うと、苦しくて可哀想でたまらない・・・どうやってこの先やっていったら・・と思うと思います。で、みのさんに関してはその状況で息子さんの事もあったし・・・本当に・・バカ息子ですよね・・・。私も尚、この夫婦のきずなを今年は大事にしたい、と思うのと同時に、みのさんにも沢山のいいことがあることを願っています。

まつ毛にダニ?

まつげ・・・長い方ではありませんが、決して短い方でもない・・・でも、生え方がいいのか、長い方には見られるし、濃い方ではあるので、アイラインを引いていなくても、ラインを引いている??と聞かれるので、その必要もなくてラッキー(笑)でも、お化粧が嫌いな私でも、お化粧をする時にはしっかりとマスカラは浸けます。マスカラ命!!新卒の時には、お化粧はマスカラのみ!!今は、ちょっとお肌の方もやらないとだめですが・・・その時が懐かしい・・・(笑)

なので、まつげは私にとっては大事!なものなのですが・・・実は怖い事に・・・5人に1人はまつげにダニが住み着いているらしい・・・まつげにダニなんて恐ろしすぎる・・・そして、気持ちが悪い・・・小鼻の所にダニ、と言うのもよく聞きますが、でも、小鼻は顔の中でも比較的脂っぽいのでこれはなんとなくわかるような気もする・・・でも、まつげにダニなんて、失明にならないのか・・・しかも、このダニ、いる人にはなんと、400万匹くらいのダニがいるのだそう・・・ダニってどんなに小さいの!?と思ってしまう・・・。

このダニはまつげを清潔にしておかないのが原因で繁殖してしまうのだそうで、酸化したお肌の油分をめがけてやってくるのだそう・・・しかも夜行性なので・・・寝ている間の私の顔はいったいどんな人になっているのか・・・しかも、アイメイクをする人はまつげダニが繁殖する可能性が高いらしく・・・メイクしたまま寝る、という事が多い人はまつげの根元に巣を作られてしまうのだとか・・・ぎゃー!!!

想像するだけで吐き気がする・・・これ、法ておくとどうなるか、というと・・・大事なまつげが抜けてしまったり、大きなアレルゲンになるので、かゆみや炎症の原因にもなるのだそう・・・あとは、物もらいとか・・・。信じられない・・・気持ちが悪すぎる・・対処としては当然のことながら、しっかりとクレンジングをして、目元を清潔に保つことが大事らしい・・あーぞっとする・・・

1 2 3 4 5 9 10